キャッシング

キャッシングについて

キャッシングは、個人が消費者金融や銀行などの金融機関から現金を借り入れることをいいます。
現金の融資は、キャッシュ・ディスペンサーで自分名義のカードを利用することで受けられます。

 

キャッシングは本人確認と信用をもとに審査を行うため、無担保で保証人を立てる必要もありません。
カードの発行には手数料はかからず、年会費も必要ないため、簡単にキャッシングを利用することが可能です。ただし、キャッシングは18歳又は20歳以上で定職についている方であれば、どなたでも利用することができます。

 

また、返済方法については、銀行の口座からの引き落とし、銀行振り込み、銀行や提携ATMや店頭窓口、コンビニエンスストアで支払う方法などがあります。

 

利息はお金を借り入れてから返済するまでの日数に基づいて計算します。
借り入れから返済までの期間が短ければ短いほど利息も少なくなります。

 

キャッシングについては、金融機関のローンとは異なり、あらかじめ用途が限定されていることはほとんどありません。そのため、借り入れたお金はどのような使い方をしても大丈夫です。例えば、夜間に急にお金が必要になった、給料日前に生活費が足りなくなったなど、手持ちの現金が無くなった時にいつでも利用することができます。

キャッシングの活用法

通常、キャッシングでは300万円くらいまでが限度額となっています。
キャッシングは、比較的審査が簡単で、小額の借り入れを行い、短期間のうちに返済するという特徴があります。
そのため、キャッシングは、数百万円単位の融資を受けたいという方には、適していません。

 

では、キャッシングはどのように利用されているのでしょうか。
突然現金が必要になったけれども、給料日前で持ち合わせの現金がないという場合、少額の現金を借り入れ、数日間という短いスパンで返済を行っていくというケースが多くなっています。

 

例えば、飲み会や食事会に誘われたけど、現金の持ち合わせがなく、銀行は閉まってしまった、または、どうしても欲しかった商品をせっかく見つけたのに、給料日前で持ち合わせがない、という場合、諦めるしか方法はないのでしょうか?
こういう時に、キャッシングは便利です。

 

キャッシングを申し込んでおくと、提携のATMでいつでも借り入れができます。
この時の手数料も、キャッシング会社の多くでは無料に設定しています。
銀行のATMで時間外にお金を引き出すと、手数料がかかってしまいますので、キャッシングを利用した方がお得になります。